むくみを治す漢方療法は

漢方療法はその方の体質や症状によって用いる種類が細分化されます。
むくみについても同じことが言え次に紹介する漢方薬はそれぞれ症状によって使い分けてい
くことになります。

八味丸(はちみがん)

腰から下がだるくて足にむくみがあるときは、この八味丸を使います。
夜間の頻尿や喉の渇き、倦怠感などがあり、腰から下がだるく足にむくみがある時に使いま
す。

真武湯(しんぶとう)

下肢にむくみがあるとき。
腹部がやわらかく、手足が冷え、めまいや動悸などがあり疲れやすく下肢にむくみがあると
きに用います。
大病後のむくみや慢性の下痢でのむくみがあるときや産後のむくみにも効果が期待できま
す。

木防已湯(もくぼういとう)

上腹部が張って板のようにかたく感じられ顔や手足にむくみがあり、のどがゼーゼーする喘
息があって、皮膚がかさかさに渇いていて潤いがなく、唇や舌などが渇くというときに使い
ます。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

足が冷えてむくみがあるとき。
色が白くて筋肉がやわらかく汗が多くて尿量は少なく疲れやすく足が冷えてむくみがあると
きに用います。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

痩せ型で夕方になると足がむくみ疲れやすいとき。
痩せ型で貧血気味の女性で手足や腰が冷え頭痛、めまい、肩こりなどがあって、夕方になる
と足にむくみがあらわれて疲れやすい、という時に用います。
妊娠中のむくみにもよく使われます。
上半身は痩せていて下半身が太り気味で便秘傾向のあるかたにも効果が期待できます。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

口が渇いて体温が上昇していないのに熱感があって、唇や暗紫色になり皮膚がくすんで浅黒
くなり、便が黒色で臭気が強く足にむくみがある。こんな症状は漢方でいう血液の停滞のた
めに起こるものでこんなときに用いると効果が期待できます。

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)

下半身にむくみがあるとき。
ひどく喉が渇いて水をかさんに飲むのに尿の出が悪く、下半身にむくみがある方に用いま
す。
妊娠中の下半身のむくみにも効果が期待できます。