ダイエットをするときはまずは食事の見直しからはじめましょう。
わたしたちの伝統的な和食料理をもう一度見直してみましょう。欧米では少し前から和食の
持つ利点が認められて豆腐などは積極的にとり入れられるようになったとも言われていま
す。
和食で注意することはしょうゆを欠けすぎて塩分過剰にならないことです。
また料理の材料そのものも伝統的に塩分が多いのは冷蔵庫もなく塩をたっぷりと含ませるこ
とで保存効果をあげようとした時代があったからです。
塩分を控えめにして酢を上手に使うようにすると和食は理想的な健康食です。

一食あたり400キロカロリー

わたしたちの体にとってもっともバランスがとれているのは和食。ダイエット中の和食1食
あたりのカロリーの目安は400キロカロリーです。これは旅館などで出される朝食程度の食
事です。

・主菜
・副菜
・香の物
・ご飯
・汁物

以上のように、お盆に器が5つ載っている形を基本にしていきましょう。
それと食べすぎないようにするためにはなるべく食べにくい、食べるのに時間のかかる料理
を食べること。
早く食べるとそれだけ量も多く食べてしまうことになるからです。

早食い傾向の人は食事の時に鏡を

ダイエットをするときには食事に時間のかかるものを選択していくのも一つの方法です。
たとえば鍋物であればカニ料理。ひとつひとつの身を取り出して食べなければならないので
時間がかかります。
時間がかかるとそれだけ食べる量も少なくなります。
ひとりくらしの方は鏡を目の前に置いて食べるのも一つの方法です。鏡の前では人は上品に
なれるもの。ガツガツ食べる自分のみっともない姿にショックを受けて食べる量も少なくな
るかもしれません。

食事の時には汁物を

食事に大切なのは必ず汁物をつけること。汁物をつけることで満腹感がはやくなって食事量
を減らすことができます。
健康的で満腹感をもたらす食べ方のポイントは次の通りです。
・ゆっくりと食べる(30~60分位)
・汁物を最初に摂ってある程度お腹を落ち着かせる
・主食を最期に食べるようにして多ければ残す
このようなことを意識して食事を摂るようにしていきましょう。