当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

皮膚の色が青白い・上半身は普通で下半身が太っている・手足や腰が冷えて頭痛やめまいや肩こりがある・夕方に足がむくんで疲れやすいという人、すなわち陰の体質の肥満に高い効果があります。
市販の下剤による下痢(腹痛を伴う)や、妊娠中のむくみ・水太りに対する効果もあります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

足の冷え・のぼせ・唇が暗紫色・皮膚がくすむ・シミができやすい、といった体質をもつ肥満タイプに効果があります。動物性食品の摂りすぎで血液の流れが悪くなってうっ血を起こしている下半身太りの人に特によく効きます。これもハトムギと併用するとより減量効果がアップします。

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)

のどが渇いて水を飲んでも尿の出が悪い・汗が出やすい・むくみやすい・膝関節に熱を含む痛みがある、という人の肥満に効きます。