ここからはダイエットに効果を発揮する漢方薬の種類を紹介していきます。個人の体質によって処方は異なるので、選ぶ際は十分気を付けてください。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

脂肪太りの人に効果を発揮します。16種の生薬が配合されていて、発汗・解毒・便通の効果があります。
脂肪太りの人は胃腸が丈夫で大食漢が多いものですが、防風通聖散には食欲を抑える効果もあります。
体の中の毒素や老廃物を排出するので全身の新陳代謝が活発になり、肩こり・腸による便秘・頭痛・腰痛を改善して体調を整えてくれます。
この薬の注意点として、ただ便秘をしやすく太り気味という理由だけで安易に服用することは避けた方がよいです。とくに女性にはこの薬が合わない方が多いです。また陰の肥満には基本的には使用されません。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

女性に多い水太り体質の人に効果があります。
水太りは漢方では水毒といい、体の中の水分がうまく循環していない状態です。膝の関節痛・腎炎・ネフローゼ・多汗症・湿疹などの症状に悩まされます。
防已と朮(じゅつ)が持つ利尿作用と、黄耆の汗を調整する作用が利尿や発汗を促し、体の中から水毒を取り去ってくれます。ハトムギ錠とともに服用すれば減量効果はさらにアップします。
陰・陽の肥満どちらにも使うことができます。